WordPress | get_option | function コードリファレンス

WordPress の 「 get_option()」は データベーステーブルから名前を指定して保存されているオプションの値を取得する方法です。「すべての設定」画面を使用してオプションを表示、編集できます。「PHP 関数 コード」

テンプレートタグ オプション get_option()

get_option オプションの値を取得する方法

get_option オプションの値を取得する方法

タグ 使用方法<?php get_option( $option, $default ); ?>
パラメータ ( 引数 )$option
説明データベーステーブルから名前を指定して保存されているオプションの値を取得する方法です。
希望するオプションが存在しない場合、または対応する値がない場合は、FALSE が返されます。
パラメータ ( 引数 )$default
説明デフォルトの値
初期値: false

オプションのリスト

オプション・名前オプション意味・内容
admin_emailブログ管理者のメールアドレス
blacklist_keysコメントはスパムとしてマーク・コメントブラックリスト
blog_charsetサイトの言語・ブログの文字エンコード
blogdescriptionキャッチフレーズ
blognameサイトのタイトル・ブログタイトル
comments_per_page1ページ内のコメント数
date_format日付のフォーマット
default_category投稿用カテゴリーの初期設定
embed_size_h埋め込みオブジェクトファイルの高さ
embed_size_w埋め込みオブジェクトファイルの幅
gmt_offsetタイムゾーン/ GMTオフセットを基準にした日付
homeWordPress アドレス (URL)・サイトのアドレス・ブログのアドレス
moderation_keysコメントにコンテンツ、名前、URL、電子メール、IPのいずれかの単語
page_for_postsフロントページの表示 投稿ページ
page_on_frontフロントページの表示 フロントページ
post_count投稿数
posts_per_page1ページに表示する最大投稿数・1ページ内の投稿数
posts_per_rssRSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数
show_on_frontフロントページの表示
siteurlサイトアドレス (URL)
start_of_week週の始まり
sticky_posts先頭固定表示の投稿を表示する
template現在のテーマ名
time_format時刻フォーマット
uploads_use_yearmonth_foldersアップロードフォルダを年月ベースのフォルダーに分ける
use_smilies表示の際に 🙂 や 😛 などの顔文字を画像
upload_pathアップロードするファイルの保存場所
users_can_registerだれでもユーザー登録ができるようにする
その他のオプションリストはオプション設定リファレンスにあります。

実例・使い方

ブログタイトルを表示する

Template Files

<h1> タグ内にブログタイトルを表示
<h1><?php echo get_option( 'blogname' ); ?></h1>

ブログのURLを表示する

Template Files

<?phpecho get_option('home'); ?>

<!--例:ブログ URL : http://example.com-->

wordpressのディレクトリ URLを表示する

Template Files

<?phpecho get_option('siteurl'); ?>

 <!--例: wordpress ディレクトリ URL : http://example.com/wordpress-->

現在テンプレート名を表示する

Template Files

<?phpecho get_option('template'); ?>

<!--例: テンプレート名-->