WordPress|大きな画像サイズを簡単にリサイズ!変更する方法

大きな画像をWebサイトにアップロードすると、サイトの速度が大幅に低下する可能性があります。 そのため、常にWeb用に最適化された画像を保存することを WordPress ユーザーに推奨します。

ただし、複数の作成者とWordPressサイトを共有して記事を作成すると、他のユーザーがアップロードした画像を監視するのが難しい場合があります。

アップロードした後で、WordPress サイトの大きな画像サイズを自動的に変更できるとしたらどうでしょうか?この記事では、WordPress で 大きな画像を 一括してサイズ変更(リサイズ)する方法を紹介します。

画像を一括してサイズ変更する前に、WordPress サイトをバックアップしてください。サイズを変更すると、この操作は元に戻すことはできません。

画像サイズの変更する方法

まず「 Imsanity 」プラグインをインストールして有効にするだけです。

アクティベーション時に、プラグインを設定するには、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から「設定」>「Imsanity」に移動します。

Imsanityプラグインの設定

Imsanityプラグインの設定

Imsanity 設定 項目
固定ページ / 投稿でアップロードされた画像最大の幅最大の高さ
メディアライブラリへ直接アップロードされた画像最大の幅最大の高さ
その他の方法でアップロードされた画像
(テーマヘッダー、背景、ロゴなど)
最大の幅最大の高さ
JPG 画像品質有効な値は1〜100です
BMP 形式を JPG 形式へ変換するはいいいえ
PNG 形式を JPG 形式へ変換するはいいいえ

このプラグインを使用すると、①投稿/ページにアップロードされたすべての画像、②メディアライブラリに直接アップロードされた画像、③その他の方法でアップロードされた画像の最大幅と最大高さの画像サイズを入力できます。画像サイズの下には、④画質の選択、⑤BMPをJPGに変換、⑥PNGをJPGに変換するオプションがあります。

jpgのデフォルトのWordPressイメージ品質は82ですが、この数値を低く設定すると品質が低下します。BMPファイルをJPGに変換することは、常に良いことですが、PNGファイルをJPGに変換しても、必ずしもうまくいくとは限りません。

設定が完了したら、変更を保存ボタンを押して設定を保存します。

plugin_Imsanity

plugin Imsanity

画像の一括してリサイズの注意

画面の下に警告文が記載されていますので一読してください。

Imsanity のインストール前にアップロードされた既存の画像がある場合は、それらを一括でリサイズしてディスク領域を回復できます。
注: サイズ変更プロセスをより詳細に制御するために、一度に最大 250個の画像を返します。ビットマップ画像は一括でリサイズすることはできず、検索結果には表示されません。

警告: 一括リサイズは元の画像を変更し、元に戻すことはできません !

先に進む前に wp-content / uploads フォルダーをバックアップすることを強くお勧めします。変換する画像をプレビューして選択する機会があります。
最初に1つか2つの画像のみを選択し、ライブラリ全体を処理する前にすべてが正しく機能していることを確認することもお勧めします。

大きな画像のサイズを検索する

大きな画像のサイズを検索する

画像検索ボタンをクリックすると、①から③で設定で入力した画像の最大サイズを超えるファイルが検索されます。検索結果を確認して「サイズの変更したくない」画像のチェックを外します。

画像サイズ変更ボタンを押す

画像サイズ変更ボタンをクリック

確認が済めば「 画像サイズ変更ボタン 」をクリックします。プラグインのImsanity 設定 項目で入力された「最大値」の画像サイズに変更を開始し自動的にリサイズされた画像に置き換えられます。