WordPress|カテゴリとサブカテゴリを追加する方法・初心者向けガイド

WordPressには、コンテンツをカテゴリ、タグ、タクソノミーにソートする機能があります。カテゴリとタグの主な違いの1つは、カテゴリがサブカテゴリまたは子カテゴリを持つことができることです。この記事では、WordPressでカテゴリとサブカテゴリを追加する方法を紹介します。

WordPressにカテゴリとサブカテゴリを追加する方法

WordPressにカテゴリとサブカテゴリを追加する方法

WordPress 親カテゴリ・子カテゴリ・兄弟カテゴリを理解

カテゴリは強力なツールであり、コンテンツの並べ替えだけでなく、有意義かつ意味のある適切なサイトの構築にも使用できます。

たとえば、日本のさまざまな目的地への旅行ウェブサイトを作成しているとしましょう。ユーザーは、都道府県ごとに記事を見つけることができます。

まず、日本を追加して東京、大阪、福岡などの記事を投稿することができます。 日本は親カテゴリになり、都市は子カテゴリになります。

WordPressの子カテゴリと親カテゴリ

WordPressの子カテゴリと親カテゴリ

WordPressでカテゴリーを追加する方法

投稿を書くときにWordPressに新しいカテゴリを追加することができます。投稿編集画面で、カテゴリのメタボックスまでスクロールし、[+新しいカテゴリを追加]リンクをクリックします。

投稿を書くときに新しいカテゴリを追加する

投稿の編集画面で新しいカテゴリを追加する

または、カテゴリー画面から、新しいカテゴリを追加することもできます。[ 管理画面 > 投稿 > カテゴリー ]ページにアクセスして新しいカテゴリを追加するだけです。このメソッドは、記事を追加する前に一度にすべてのカテゴリを作成する場合に特に便利です。

カテゴリー画面から直接新しいカテゴリを追加する

カテゴリー画面から直接新しいカテゴリを追加する

WordPressで子カテゴリを追加する方法

親カテゴリを追加した方法で子カテゴリを追加できます。投稿編集画面で、[+新しいカテゴリを追加]リンクをクリックします。新しいカテゴリ名を追加するためのテキストフィールドと、親カテゴリを選択するためのドロップダウンメニューが表示されます。

投稿編集画面から子カテゴリを追加する

投稿編集画面から子カテゴリを追加する

例では、子カテゴリがTokyoです。ドロップダウンメニューから、すでに登録済みの親カテゴリをJapan選択します。

カテゴリー画面からの場合も、同様に、子カテゴリの名前を追加して、親カテゴリをドロップダウンメニューから選択します。

カテゴリベースのサイト構造のSEOの利点

SEOフレンドリーなURLを使用している場合、子カテゴリのURLは次のようになります。 検索エンジンやサイト訪問者がページの内容を理解するのに役立ちます。また、URLにキーワードを追加することも可能になります。

http://example.com/category/Japan/Tokyo/

プラグインをインストールすることやWordPressのファイルを編集することで、URLからcategoryを除くことができます。

WordPress SEO by Yoastプラグイン 」をインストールしている場合は、Yoastの設定で簡単に、URLからカテゴリベースを削除できます。SEO>高度な設定でパーマリンク タブの カテゴリーベース (通常は /category/) をカテゴリー URL から削除するを削除に設定します。(確認バージョン 5.0.1の場合)

次のようなカテゴリのアーカイブページが表示されます

http://example.com/Japan/Tokyo/

WordPressのサイドバーでのカテゴリを表示

サイドバーにすべてのカテゴリを表示するには、外観 > ウィジェットでカテゴリウィジェットをサイドバーにドラッグアンドドロップします。

ワードプレスのサイドバーに子カテゴリと親カテゴリを表示する

サイドバーに親カテゴリと子カテゴリを表示する

親カテゴリの下にある子カテゴリを含むカテゴリを表示する場合は、 カテゴリウィジェットの設定で[ 階層を表示 ]の横にあるチェックボックスにチェックを入れることで子カテゴリを含めて階層で表示する事ができます。[ 保存 ]ボタンをクリックします。

WordPressのサイドバーのカテゴリと子カテゴリ

WordPress サイドバーに親カテゴリと子カテゴリを階層表示する

関連記事・その他のリソース