phpmyadmin|パスワードをリセットする方法

WordPress の パスワードを phpMyAdminから簡単にリセットする方法を紹介します。

WordPressの管理画面からWordPressのパスワードを変更することは簡単ですが パスワードを忘れてしまった場合は、phpmyadminにログインしてWordPressのデータベースから直接リセットできます。

phpmyadminからパスワードのリセット方法

phpMyAdminからWordPressパスワードをリセットする方法

phpMyAdminからWordPressパスワードをリセットする方法

WordPressのパスワードをphpMyAdminからリセットする前にもう一度確認しては如何ですか?

WordPress パスワードをロスト

パスワードが分からないときはパスワードを再発行する

WordPressのパスワードを簡単にリセットできます。ログイン画面に行き「 パスワードをお忘れですか? 」リンクをクリックするだけです。

クリックすると「 パスワードのリセットページ 」が表示されます。

ユーザー名または登録している、電子メールアドレスを入力すれば、パスワードのリセットできます。その後に「 WordPress 」が、ユーザーの電子メールアドレスに、新たなパスワードへのリンク情報が送信されます。

電子メールアドレスにアクセスできない場合には、「 パスワードをリセット 」することができません。またはWordPressが電子メールの送信に失敗した場合にです。

再発行メールが届かない場合やどうしても解決しない場合

このような場合は、phpMyAdminを使うことで データベースに保存されている WordPress のパスワードが簡単に手動でリセットして変更できます。

phpMyadminへのログイン

まず、WordPressホスティングアカウントのcPanelダッシュボードにログインする必要があります。

cPanelのphpMyAdmin

cPanelのphpMyAdmin

次に、データベースセクションの下にあるphpMyAdminアイコンをクリックする必要があります。

あなたのWordPressデータベースを選択してください

あなたのWordPressデータベースを選択します。

phpMyAdminアプリが起動し、左側のパネルにすべてのデータベースが表示されます。ここで、あなたのWordPressのデータベースを選択する必要があります。

WordPress データベース テーブルを選択

phpMyAdminのユーザテーブルを参照する

phpMyAdminのユーザテーブルを選択する

データベースを選択すると、すべてのテーブルの一覧表示されます。

表示されない場合は画面上部の「 構造 」をクリックします。そのテーブルの一覧の中から「 wp_ ではじまり usersで終わる 」テーブル列をさがします。

画像の 接頭辞「 wp_ 」は WordPress をインストール時に選択できるもので一般的なものですが、データベース名 の 接頭辞は 「 wp_ 」と異なる場合があります。テーブル名の終わりは、手動で変更されていなければ間違いなく「 users 」になります。

必要なデータベースのユーザ名を選択する

ユーザーの編集

ユーザーを選択

これですべてのユーザー名が画面に表示されます。user_login テーブル行から あなたのユーザー名探して鉛筆のようなアイコンの「 編集 」ボタンをクリックします。

ユーザーパスワードをリセットする

user_pass 行と「 値 」の列で英数字と記号の長いリストがあります。それらの文字を選択して削除し、新しいパスワードを入力します。「 大​​文字と小文字 」は区別されます。完了したら、

パスワードを変更

パスワードの変更

user_pass 行の隣にあるドロップダウンメニューからMD5を選択し、画面下部にある「保存する」で「実行」ボタンをクリックします。パスワードを忘れない様にしてください

パスワードはMD5ハッシュを使用して暗号化され、データベースに保存されます。

これで、あなたの「 WordPress 」の パスワードが変更されました。管理画面へのログインをすることができます。

それでも問題が解決しない場合は、もう一度、手順を1から行ってください。今後これを防ぐには、ユーザーの電子メールアドレスを 正確に WordPressにインストールすることをお勧めします。