WordPress | wp_enqueue_script() | function コードリファレンス

wp_enqueue_script() は、WordPressのWebサイトに script スクリプを追加できる方法の1つです。エンキュー「enqueue」は、複数のプラグインの、スクリプトや他の共有 script も追加することができます。これは WordPress が生成するページに JavaScript をリンクする際に推奨されている方法です。

関数 wp_enqueue_script()

script スクリプトの追加

script スクリプトを追加

タグ 使用方法<?php wp_enqueue_script()( $handle, $src, $deps, $ver, $in_footer ); ?>
パラメータ ( 引数 )$handle
説明ハンドルはスクリプトのユニークな名前です。例えばハンドル名 ’wpm_my_script’
パラメータ ( 引数 )$src
説明srcは、スクリプトのパス(場所)です。URL で指定、例えば ”https://example.com/js/wpm-script.js”
または、プロトコルに影響されない URL で指定、例えば ”//example.com/js/wpm-script.js”
パラメータ ( 引数 )$deps
説明depsは、このスクリプトと他のスクリプトの依存関係です。このスクリプトより前、先に読み込まれる必要があるスクリプトのハンドル名、例えば "wpm_before_script"
依存関係がない場合は、’array()’
パラメータ ( 引数 )$ver
説明これはスクリプトのバージョン番号です。このパラメータは必須ではありません。
指定しない場合、’false’
パラメータ ( 引数 )$ in_footer
説明スクリプトの配置を決定します。デフォルトでは、値は「偽」です。'true'を入力すると、スクリプトがフッターに読み込まれます。
指定しない場合、'false'
関連記事wp_enqueue_style() | スタイルの登録

実例・使い方

テーマ独自のスクリプト追加・登録 例)
functionコード<?php wp_enqueue_script( 'wpm_my_script','get_template_directory_uri()./js/wpm-script.js',array(), '1.0.0'); ?>
HTML< script type='text/javascript' src="https://example.com/wp-content/themes/wpm-script.js?ver=1.0.0">
テーマ独自のスクリプトをhead内のjQueryの後に追加・登録 例)
functionコード<?php wp_enqueue_script( 'wpm_my_script',get_template_directory_uri().'/js/wpm-script.js',array('jquery'), '1.0.0'); ?>
HTML<script type='text/javascript' src='https://example.com/wp-content/themes/js/wpm-script.js?ver=1.0.0'></script>
テーマのスクリプトをフッターに追加・登録 例)
functionコード<?php wp_enqueue_script( 'wpm_my_script',get_template_directory_uri().'/js/wpm-script.js',array(), '1.0.0', true ); ?>
HTML<script type='text/javascript' src='https://example.com/wp-content/themes/js/wpm-script.js?ver=1.0.0'></script>
プラグインのスクリプトをhead内のjQueryの後に追加・登録 例)
functionコード<?php wp_enqueue_script('wpm_my_script', plugins_url( '/js/wpm-script.js', __FILE__) , array('jquery'),'1.0.0', true); ?>
HTML<script type='text/javascript' src='https://example.com/wp-content/plugins/js/wpm-script.js?ver=1.0.0'></script>

関連記事・その他のリソース