WordPress|日付や時刻の取得 設定 表示方法とフォーマットの使い方

WordPress の 投稿日時 を簡単に取得して表示する方法や 時刻や 日付フォーマットのPHP関数を紹介!公開 時刻を取得するには get_post_time() や the_date() タグが有りますがこの コードを カスタマイズすれば 日付出力が色々なパラメータ(引数)を組み合わせて自由に変更できます

日時フォーマット設定方法

ダッシュボード → 管理 → 一般設定に進み 表示される 日付と時間の フォーマットを設定します。

一般設定のタイムゾーン・週の始まり日付のフォーマット

一般設定画面 日付 時刻 フォーマット

タイムゾーンプルダウンボックスから選択でき タイムゾーン は 都市を選択します。
例えば 日本の場合は「東京」です。
または グリニッジ標準時との 時差に相当する差異の「タイムゾーンの設定」を選択します。
日本の場合は「UTC+9」です。
国や地域が日本以外の場合は住んでいる地域を選択します



タイムゾーンと一致する都市を選択するか、または UTC タイムゾーンオフセットを選択してください。

世界標準時 (UTC) は 2017-00-00 00:00:00 です。現地時間は 2017-00-00 00:00:00 です。

現在のこのタイムゾーンは標準時です。
このタイムゾーンでは夏時間の慣行はありません。

日付フォーマットブログ・サイトに 日付 を表示する為の フォーマット です。テーマのデザイナーなどを
考慮して自由に選択してください。
この表示書式は下記のカスタマイズの方法で変更できます。
日付のフォーマット
日付のフォーマット2017年6月29日Y年n月j日
2017-06-29Y-m-d
06/29/2017m/d/Y
29/06/2017d/m/Y
カスタム 以下の欄にカスタマイズした日付の書式を入力してください
WordPress 日付のフォーマット

WordPress 日付フォーマットの表示(例)

時刻フォーマットブログ・サイトに 時刻 を表示する為の フォーマット です。テーマのデザイナーなどを
考慮して自由に選択してください。
この表示書式は下記のカスタマイズの方法で変更できます。
時刻フォーマット
時刻フォーマット12:40 AMg:i A
00:40H:i
カスタム: 以下の欄にカスタマイズした時刻の書式を入力してください 12:40 AM
週の始まりWordPress のサイドバー などに カレンダーを表示したい場合の設定で 週の始まりを
「ドロップダウンボックス」から選択できます。
標準の設定は「月曜日」からの表示で毎月のカレンダーで「週の最初に月曜日」が表示されます。
カレンダーの表示で「週の始まりが日曜日」から表示するには
「ドロップダウンボックス」で「日曜日」を選択できます。
週の始まり
WordPress 管理画面 カレンダー週の始まり

WordPress カレンダー 週の始まり

日時の書式をカスタマイズ

<?php the_date(); ?>

この PHP コードを 投稿の編集 や 固定ページの編集 の「編集エリア」に入力しても「日付 日時」は表示されません。PHPファイルで使用( single.php や page.php など)表示したい場所にコードを挿入します。

日付のフォーマット文字列の基本WordPress PHP 関数コード表示(例)
デフォルトの日付を表示する方法<?php the_date(); ?>20xx年x月xx日
ここで表示される 表示書式は上記の日付フォーマット 設定で選択した書式で表示される。
関連するテンプレートタグ get_the_modified_date()もあります。
関連するテンプレートタグ the_time()もあります。

カスタマイズの方法は WordPress 関数コードの「 the_date() 」の()に注目して下さい。カッコ 中には 決められた「引数」を入れます。

カスタム フォーマット文字列WordPress PHP 関数コード表示(例)
年月日を表示する方法<?php the_date('Y-m-d'); ?>20xx-0x-xx
年月日 曜日を表示する方法<?php the_date("Y年n月j日 l"); ?>20xx年x月xx日 水曜日

年の書式

引数表示(例)引数の内容説明
Y2017( 大文字 ) 4桁 表記
y17( 小文字 ) 2桁 表記

Template Files

<!--//WordPress 年の関数コード-->

<?php the_date('Y'); ?> <!--2017-->
<?php the_date('Y年'); ?> <!--2017年-->

<?php the_date('y'); ?> <!--17-->
<?php the_date('y年'); ?> <!--17年-->

月の書式

引数表示(例)引数の内容説明
n1月 から 12月
m01月 から 12月先頭 に 0 が 付く
2桁 表記
FJanuary から December英文字 フルスペル
MJan から Dec英文字 頭 3文字

Template Files

<!--//WordPress 月の関数コード-->

<?php the_date('n'); ?> <!--6-->
<?php the_date('n月'); ?> <!--6月-->

<?php the_date('m'); ?> <!--06-->
<?php the_date('m月'); ?> <!--06月-->

Template Files

<!--//WordPress 月・英文字の関数コード-->

<?php echo get_post_time('F'); ?> <!--June-->

<?php echo get_post_time('M'); ?> <!--Jun-->

日の書式

引数表示(例)引数の内容説明
j1 から 31
d01 から 31先頭 に 0 が 付く
2桁 表記
S1st , 2nd , 3rd , 15th
英語 の 序数( 順序数 )
( 大文字 )
st , nd , rd または thjと使用

Template Files

<!--//WordPress 日の関数コード-->

<?php the_date('j'); ?> <!--7-->
<?php the_date('j日'); ?> <!--7日-->

<?php the_date('d'); ?> <!--07-->

<?php the_date('S'); ?> <!--th-->

<?php the_date('jS'); ?> <!--7th-->

時の書式

引数表示(例)引数の内容説明
A時刻AM / PM午前 / 午後
aam / pm
g1 から 1212時間 単位
h01 から 1212時間 単位
G0 から 2324時間 単位
H00 から 2324時間 単位

Template Files

<!--//WordPress 時の関数コード-->

<?php the_date('A'); ?> <!--AM-->

<?php the_date('a'); ?> <!--am-->

<?php the_date('g'); ?> <!--9-->
<?php the_date('g時'); ?> <!--9時-->

<?php the_date('G'); ?> <!--13-->
<?php the_date('G時'); ?> <!--13時-->

<?php the_date('H'); ?> <!--9-->
<?php the_date('H時'); ?> <!--09時-->

分の書式

引数表示(例)引数の内容説明
i00 から 59

Template Files

<!--//WordPress 時の関数コード-->

<?php the_date('i'); ?> <!--00-->
<?php the_date('i分'); ?> <!--00分-->

秒の書式

引数表示(例)引数の内容説明
s00 から 59( 小文字 )

Template Files

<!--//WordPress 時の関数コード-->

<?php the_date('s'); ?> <!--00-->
<?php the_date('s秒'); ?> <!--00秒-->

曜日の書式

引数表示(例)引数の内容説明
l曜日月曜日 から 日曜日
Sunday から Saturday
日本語 又は 英文字 フルスペル
( L の 小文字 )
D月 から 日
Mon から Sun
日本語 又は 英文字 頭 3文字

Template Files

<!--//WordPress 曜日の関数コード-->

<?php the_date('l'); ?> <!--水曜日-->

Template Files

<!--//WordPress 曜日・英文字表記の関数コード-->

<?php  echo get_post_time('l'); ?> <!--Wednesday-->

<?php  echo get_post_time('D'); ?> <!--Wed-->

全ての日付 / 時刻 の書式

引数表示(例)引数の内容説明
c全ての 日付 / 時刻下記 コード 参照ISO 8601
rRFC 2822

Template Files

<!--//WordPress 全ての 日付 / 時刻 の関数コード-->

<!--ISO 8601 -->
<?php echo the_date('c');?> <!--2017-06-30T00:00:+00:00-->

<!--RFC 2822-->
<?php echo the_date('r');?> <!--Wed, 30 Jun 2017 00:00:00 +0000-->

タイムゾーン表示

引数表示(例)引数の内容説明
TタイムゾーンJST , EDT , MDTなどJST (日本 東京 の場合)
EDT ( アメリカ ニューヨーク の場合)
ここで表示されるタイムゾーンは上記、一般設定のタイムゾーンで選択した都市や地域が表示される。

Template Files

<!--//WordPress タイムゾーン表示 の関数コード-->

<?php the_date('T');?><!--JST-->

日付 の 表示(例)


<!--関数 コード と 表示(例)-->
<?php echo the_date('Y/m/d g:i:s A'); ?>
2017/06/28 2:47:11 PM

<!--関数 コード と 表示(例)-->
<?php the_date('Y年n月j日(l)');?>
2017年6月28日(水曜日)

<!--関数 コード と 太文字で表示(例)-->
<strong><?php the_date('Y年n月j日(l)');?></strong>
2017年6月28日(水曜日)

<!--関数 コード と 英文字で表示(例)-->
<?php echo get_post_time('l, F jS, Y'); ?>
Wednesday, June 28th, 2017

<!--文字色を変えて カンマ を スラッシュで表示-->
<span style="color:#e65100"><?php echo get_post_time('l/F jS/Y'); ?></span>
Wednesday/June 28th/2017